FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A子二泊三日SMホテル調教第1章

彼の初めてのSM調教を受けて五日後、今彼からのオナニーの管理を受けています。この五日間全くオナニーの許可が出ていません・・・殆ど毎日、恥ずかしいけど一日に3回~5回やったこともあります。その度オマンコを掻き回すので私の小陰唇は大きく広がっています。彼はオナニーは許可無くしてはいけないと言う事を言い残しバイブを私に渡して、帰って行きました。

あくる日からオナニーがしたくなり彼にメールでオナニーの許可を貰おうと何度もメールしましたが、まだ許可はいただけませんでしたが、明後日から2泊3日でSMホテルで調教していただけるとメールを頂きました^^その代わり私の制服姿を見たいからその日は制服を着て来いと言うのです。私は了承しましたが、家を出る時どうしようかと思いましたが・・・そんなことはその時考えようと思いました。でも、、、SMホテルってどんな所なの????不安と期待でオナニーを我慢している私にはあまりにも強い刺激で・・・・もう我慢できなくなりました。お風呂に入ってる時も蝋燭をたらされた胸や脚を見ると限界です・・・彼が見ているわけではないので少しと思いお風呂の中で・・乳首に愛撫を・・・んんんっ・・ピクっと乳首が立ってきました。凄く敏感になってるみたいです。でも乳首だけでは満足できません・・・お風呂を上って、自分の部屋に戻り鍵を閉めて全裸でベッドに・・・ベッドの下に隠してあった彼から貰ったバイブを取り出して、クリトリスに当ててみます。そしてバイブのスイッチをオンにします。

バイブは先っぽをクネクネしながらいやらしい動きで私を欲情させます。もうスイッチが入っちゃったみたいです。彼の顔を思い出しながら「ごめんなさい」と一言つぶやいて、再度クリトリスにあてがいます。クリトリス用の小さい方が敏感な部分を刺激する。頭の先まで快感に震える。私凄く敏感になってる・・・・・

でも・・・クリトリスを刺激し十分濡れたところでクネクネ動いている部分をオマンコの中に挿入する。先っぽ動きが膣の壁を刺激する・・・「はぁ・・」と口から思わず吐息が漏れだす、下には両親がTVを見ている・・隣には4歳上の姉がいる。ゆっくりバイブを上下させて・・・スイッチを最強にして今度はもっと激しくオマンコを刺激する・・・エッなんでこの前は直ぐイッたのに・・・バイブをベットに立てて、下から突き立てるようにバイブにまたがり腰を上下させる。ジュップジュップ腰の上下に伴い・・オマンコから卑猥な音が漏れる。オマンコから流れ出した愛液がシーツを濡らす・・・イケない・・なんで・・前は指だけでイケてたのに????試しに以前のように指を挿入してかき混ぜる様に1本・・2本と指を挿入するがイケない・・・乳首を愛撫しても・・モット激しく・・ベットのきしむまで腰を上下に動かす・・・でもイケない・・嫌ぁどうなっちゃったの私

イキたいようぅ・・・絶頂の波は小さな波さえも私を飲み込んでくれなかった・・・彼とのプレイがあまりにも刺激がきつかったからかな???でもシーツを汚すまで愛液を垂れ流しいやらくぬめってるオマンコ・・・・・・・・

彼は約束の午後1時ジャストに駅前のロータリーに現われた。

わざわざ降りてきてくれて、助手席の扉を開けてくれる。プレイ以外では本当に優しく気を利かしてくれる。

車内で「おおおぉ・・似合ってるジャン!これじゃ未だ現役高校生だね」と嬉しそうにこちらを観た。「とりあえずお腹空いたろ?」

「うん・・すいたぁ」と甘えた声で答える。彼は「それじゃ・・・・何か食べたいものある?」「えーとね・・焼肉が食べたい!!」「了解!!」と彼は車を出発させた。

「この時間じゃこんな所しか空いてないだろうな」と最近出来たばかりの少しおしゃれな郊外型焼肉店に車を止めた。

「今だったら翔さんって呼んでいいの?」

「そうだね・・おじさんと呼ばれるよりは嬉しいね」

「じゃ・・翔さん、ここでキスしてください!!」怒られるかなっと思ったら・・唇に軽くキスしてくれた。彼の顔近づくと・・子宮の内側からズキンと言う快感が・・・濡れてきてる

「それじゃ・・沢山食べろよ・・・・」と笑いながらオーダーを始めた・・

食事も済み・・・彼から「お腹ごなしに公園を散歩でもするかぁ」

「そうだね・・・近くに市民公園が有るからそこがいいな^^」

彼とのデートみたいで気分は高揚していた。SM以外で優しい彼と居るのは楽しい私は昔から好きになる男性凄く年上で学校先生とも一度付き合ったこともある。車は市民公園の駐車場へと到着した。

「よし・・デートは終わりだ・・・今から2日間はお前はまた雌犬になるんだ・・判ったか」冷淡な声でデートの終わりを告げた。私は逆らうことも出来ず「はい・・・宜しくお願いしますご主人様」・・・・とまた雌犬として彼に酷い事をされてオマンコを濡らすの・・私は変態マゾだからと・・・心の中でつぶやいた。

車から離れ彼の後を付いて公園内を歩く・・本当は腕を組んで歩きたかったけど今は彼の後を後ろから期待と不安をだいて付いていくことしかできない・・彼の言葉は私の中ではもう絶対になっていた。身障者用トイレの扉を開ける・・・


彼は制服の上から乳房を握り・・・乳首を強く抓った・・・「うううぅ・・」ブラジャの上からでもやはり思いっきり抓られたら本当に痛い・・・でもいつの間にか私の身体はソレを欲している。「もう濡れてんじゃないのか?」

「スカートまくって下着を取ってオマンコ見せろ・・」私は言われた通り下着を取り彼の前で、手摺につかまり後ろ向きになり、思いっきりオマンコを拡げて「A子のオマンコをじっくり見てください・・・もうビショビショに濡れています」と答えた。

「パチーーン」という音と共にお尻に激痛が走る平手でスパンキング・・1発・・2発・・3発とその度「ぐぐっ」「ううぅ」と我慢のうめきが口から出る・・・彼は私の制服姿に興奮し制服の上から私の体を触り・・まわす・・いやらしく、触りながら何回もスパンキング顔にも平手打ちが襲ってくる・・・痛い本当に痛い特に顔を平手打ちされるのが凄く辛い・・・でも我慢できる・・彼が私の制服姿で興奮しているから・・・何されても嬉しい

「よし全裸になれ・・・」

当たり前のように言われる・・彼は障害者用トイレの洗面台の上にバックを置き、網目の全身タイツを取り出しコレを付けろと差し出した。

網タイツで股間部分が大きく開いたものだ。言われる通りに網タイツに着替える。既に立っていた乳首が網目から飛び出ている。

彼は乳房を鷲掴みにして感触を楽しむ・・・「ほら観てみろいやらしいぃ身体だなぁ」とトイレの中の鏡に私を映しながら乳房を弄ぶ・・・バックから赤い縄を取り出し、私の全身に縄を掛けるでも、腕は縛られていない・・・バックから革のパンティを取り出し私に差し出す。丁度オマンコが当たるところにホックが付いており、穴が開いている。「ここにコレを装着するようになってるんだ」と黒い肉棒の形をした、バイブを取り出した。オマンコに指を入れ掻き回してみろ・・・「はい・・・」私は彼の命令通り指でオマンコを掻き混ぜ始める・・・ズキーンとして快感が膣内を駆け回る・・・彼に見られながらこんな所でオマンコをかき回している自分を思うとたまらなく興奮する。

コレだと思った一昨日家でオナニーをしてもイケ無かったのはこの興奮が欠落していたから・・・目の前がクラクラするような羞恥心と罪悪感そして・・突き抜ける快感、私はバイブを装着しホックを止める。今まで制服姿だった自分の姿、今鏡には写っているのは乳首が立って、小陰唇から愛液を垂れ流す只の変態マゾ女・・・私はマゾ恥ずかしい姿にされて喜ぶマゾ奴隷・・・・今日はどんなことでも出来そう。。。ご主人様に喜んでもらい・・一番欲しいものを頂ける様に頑張ろう・・・・

「このコートを羽織ってろ」と一枚のコートを羽織らせた・・・「よし出るぞ」

午後1時太陽は明るく輝いて・・・近くでは子供の声・・その廻りにはお母さんが子供達を囲むようにベンチで雑談している・・・サッカーに興じる小学生の団体・・・ベンチではおじいさんが日光浴しながら・・本を読んでいる。本当にどこにでもある公園の風景だ・・・一つ違和感が私、コートの下に全裸で全身タイツをはき、革のパンティにバイブを挿入されて・・・その振動に身を捩っている私

公園の東屋の直ぐ横は小さな小川がある。その向こうには国道、頻繁に車が通っている。東屋のベンチに腰掛ける・・・バイブが子宮の奥まで突き上げる。

「ううううぅ・・・はぁ・・気持ちいい・・ご主人様・・わ・た・しイキそうです」

「駄目だ・・・我慢だ向こうの道路に向かってコートを開け

そうなる事は予測できていた。私はこの言葉を待っていた・・見られたかった。歩道を通る人、車の列・・この中に何人の人が私の変態な姿を見てるんだろう?

私の口から「見てください・・私を見てください・・」と股間のバイブは縄で奥まで押し込まれている。いきなり大きな絶頂感が私を襲った・・何日もオナニーでイッテいない、そのストレスが一気に大きな波となった。。。。。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

キャンドルグラス案内

グラスの検索サイト。バカラ、ブルーグラス、ワイングラス、レモングラス、グラストラッカーなどグラスに関する各種情報をお届けしています。 http://committee.shipsparesandrepairs.com/

アウトドア

アウトドアを探すなら http://www.jpnet.info/101070/101975/

パセリと美肌とダイエット

パセリ100g中には、カルシウム/49mg、リン/55mg、鉄/9.3mg、カリウム/810mg、カロチン/17500μg、ビタミンB1/0.2mg、ビタミンB2/0.24mg、ビタミンC/200mgなどを含み野菜の中でもトップクラスの栄養価です http://marquise.consultsmartz.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smgadaisuki2.blog90.fc2.com/tb.php/7-64777fc0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。