FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A子出会い~第3章ホテル調教2

私のオマンコがなんだか別な意志を持つものみたいにヒクヒク痙攣している。口の中には彼の固い肉棒が喉の奥に突き当たる、胃液と唾液が舌を刺激する。彼を見るとなんだか凄く気持ちが良さそうに目を瞑っている。私のフェラで気持ち良くなってくれている。嬉しい・・・嬉しい・・気持ち良さそうな彼の顔を見るのが凄く嬉しい・・・

「いつまで舐めてるんだ!!チンポから離れてこっちに尻を向けて、四つん這いになれ!!」もう少し・・もう少しこのまま舐めていたい、彼の肉棒を咥えていたいの・・・・「ご主人様・・・お願いしますもう少し・・もう少し・・咥えさせてください。私のオマンコ触りながら・・しゃぶらせてください・・・あと少しでイキそうなんです」私の左手は無意識のうちにオマンコを掻き回し・・クリトリスを刺激していた。

「駄目だ!!・・早く離せ・・サカリのついた雌が!」と髪の毛を摑んで無理やり引き離した。私はベッドの上で彼の言う通りに四つん這いになる為身体の位置を変えようとしていたら「早くしろ!!」彼の蹴りが私のお尻に

「痛い!!!・・・はい!!ごめんなさい」

「よし・・オマンコを拡げてみろ・・・いいか今みたいに私の前でオマンコを晒す時は、何もいわないで自分からオマンコを拡げて見せろ  判ったな!どんな場所でもだ・・・」必ず彼はどんなとこでも私のオマンコを晒しものにするんだろうな、街中でも公園でも車の中でも・・私は彼の言う通り下着を脱ぎ彼の見ている前でゆっくりオマンコを拡げてみてもらう・・・彼の嬉しそうな顔を見たいために
彼は鞄の中から綿棒の束を取り出した。「そろそろ自分の指も飽きただろう?・・・コレでが何本入るか試してみような」

「いいか・・・1本入れるたびに声を出し数えていくんだぞ」と言いながら綿棒を私のオマンコに入れ始めた。愛液で濡れている、私のオマンコは綿棒を何の抵抗もなしに飲み込んでいく

「1本・2本・・・・5本・・・・10本・・・」さすがに10本越えたらオマンコがムズムズしてくる、彼はそれを知ってか綿棒の束を上下左右に動かしならが綿棒を追加していく・・・

「15本・・・・20本・・・」綿棒の束はとめどなく、分泌する私の愛液をすって膨れてくる・・

「うううっ・・気持ちいい。。オマンコの壁に当たる・・すれている・・」ムズムズ感はとんでもなくストレスを与える。もっと・・・もっと・・・

「ご主人様・・お願いです・・もっと沢山綿棒入れてください・・・一気に30本位・・ぶちこんでぇ・・」オマンコに綿棒をぶちこんでぇ・・・もう意識しなくても卑猥な言葉が口から出てくる・・・SM小説は沢山読んでいるから・・意識下でのボキャブラリーは知識としては十分である。

「20本・・25本・・・・」25本を数えてから彼の手は止まった。彼は鞄の中を探りローションと大型のバイブを取り出した。

「A子・・お前はここにチンポ入れたことあるな?・・・・・どうなんだ正直に言え」とアナルを拡げた。

彼には隠し事は出来ない・・・「はい・・アナルに肉棒を入れたことあります」恥ずかしいぃ・・オマンコならともかくアナルに入れてたなんて・・・「スケベな雌だ・・・」と彼は満足そうな顔をして・・アナルに唾を吐きかけ・・人差し指を中に入れ始めた。「指なんて簡単に入るな・・・」

「ご主人様ぁ・・あまり奥に入れられると・・浣腸していませんから・・指が汚れちゃう・・うっ・・」

「そうか・・でも今第2関節まで入ってるぞ!スケベなオマンコに変態アナルか・・・本当A子にお似合いの穴だな」「何本の肉棒をこの変態アナルはくわえ込んだんだ?」とピシャっとお尻を平手で叩く・・・「何人だ?!」ピシャ・ピシャと今度は二回・・・その度アナルはきゅっと締まっている。

「おおぅ・・締まる締まる・・楽しみだな、ここに色んなもの入れて楽しめるぞ!!」「何本だ言え!」

「A子はアナルに2本の肉棒を咥え込んでました。」

「おぉ?2本だって・・以前のパートナーはわかるけどもう1本は誰だ?」

「・・・・・」  「なんだ言えないのか?・・さっき一生懸命咥えたものはオマンコに入れなくて良いダナ」それだけは嫌だった。今日中に彼の固い肉棒で私のオマンコを串刺しにしてもらえないと・・・私どうなるか判らない、次に逢うまで・・一日何回もオナニーしないと・・・我慢できない・・嫌、絶対駄目、この刺激を体験したらオナニーでなんて絶対無理・・・無理・無理・でもコレを言ったらさすがの彼も引いちゃうかも・・・

「そうか・・・良いよ別に言えないなら・・・逢ったばかりだし言えない事は有るよな・・」とピンク色の肉棒の形をし根元の方から二本に別れているバイブを取り出し、短い方を私のオマンコに当てて・・クリトリスの辺りを小刻みに叩いている。「うっ・・うぅ。。ううぅ」叩かれる度に声が漏れる。

オマンコはもうグショグショに濡れている・・・どれだけ分泌してくるの・・乾く暇もなくとめどなく糸を引く私の愛液、言わなくては・・今言わなくてはと・・思うけどやはり口に出すのは抵抗がある。

「いえないならコレを代わりに使うんだな・・・こちらでお前のオナニーショーを見物してるよ」

「いや・・・どんなことでもしますから・・お願いです!ご主人様の肉棒を私のオマンコに・・ください!!・・このまま帰すのだけは止めてください・・本当に私狂ってしまう・・」やはり指やバイブで何度もイッたが、肉棒でイクのとは全然違う・・今日始めて頭が真っ白になる様なエクスタシィーに達したがソレは指やバイブであった。もしコレが肉棒だったら想像すると・・・どうなっちゃうんだろう私???とにかくなんとしてもその快感を味わいたい・・・

「じゃ・・コレでオナニーしろ・・いやらしく腰を振りながら・・そのオマンコに突っ込みたくなる気分にしろ」

私は知りうる限りの痴態で彼を誘った・・・脚を開き・・バイブを使って・・ジュブジュブと音を立ててバイブを出し入れし、彼のほう見ながら腰をグラインドして・・・「もっと見て・・・ご主人様・・A子はこんなにスケベな雌犬です。頭から足の先までご主人様のものです・・・このオマンコもこの乳房もこのアナルも全部ご主人様のものです。私の身体を使って楽しまれてください」この台詞もSM小説からである・・色々な卑猥な言葉と痴態で彼の興味を惹いている。

本当に私、淫乱女になった。もう快楽の虜、今まで殆ど毎日SM小説を読みながら空想し、街で男性の股間をみて気づかれないようにオマンコを触ったり・・授業中にも・高校のトイレで・公園のトイレで下着の中にローターを入れてベンチでSM小説を読みながら、スイッチを入れた事もあった。ひどい時には一日に5回オナニーしたこともあったが、今日のこの快感は味わったことの無い、比べることの出来ない快楽であった。もう絶対離れられないと悟った。彼から捨てられる日が来るまで精一杯彼に喜んでもらおうと思った・・・快楽の波がもう直ぐ私の身体を包み・・・またエクスタシィーを迎えそうになる。バイブの振動は最強に・・・先の方の動きも最強にした。私のオマンコの中で膣の壁の中を暴れまわる。奥までもっと奥まで強く深く・・・何度も何度も・・・さっきこんなの入らないと思ったバイブが簡単に私のオマンコの中でジュポジュポと淫靡な音を立ててピストンを続ける。

「いくぅ・・・またいく・・・噛んでください・・私を噛んでぇ・・乳首を噛んでぇ・・・クリトリスを噛んでぇ・・ご主人様お願い痛くしてください・・・叩いてぇ・・・ぶってぇ・・・・」彼は薄笑いを浮かべたまま・・私の身体から力が抜けていくのを眺めていた。 

 

 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

水・ミネラルウォーター

水・ミネラルウォーターを探すなら http://www.mizusumashi-net.org/100316/201351/

ケア・修理用品・電池

ケア・修理用品・電池を探すなら http://www.allnavi.jp/216129/302178/

ブルーベリーダイエットについて

ブルーベリーは、ツツジ科コケモモ属の低木類の総称です http://daughter.thriftystmartin.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smgadaisuki2.blog90.fc2.com/tb.php/5-bed297a1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。