FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R子~出会い第5章

マゾとして性奴隷として・・なんて言葉、離婚して女一人で生きてきて男性に負けないと思いながら生きてきたのに・・今更、性の奴隷扱いされて、彼の前でオマンコを拡げてバイブでよがっている私・・・嫌悪感とマゾ性が激しくぶつかっている。男の性奴隷になるなんて考えても見なかった事、まして自分から喜んで・・・彼のペニスが欲しくて腰を振っている。これが本当の私の姿なの?・・・納得するには少し時間が足りない・・・彼の部屋を訪ねてから・・半日しか過ぎてない・・・でももう止まらない・・かも

「もっと腰を振ってみろ・・!!」

「はいぃ・・こうですか」

「駄目だ・・ペニスが欲しいんだろう?」もっと触れ、いやらしく・・

彼は左手を両足に挟み込み縄で縛ってバイブを固定した。手首だけは自由に動きバイブをオマンコ中で動かす事はできる・・・

「もっと大きいのが欲しいんじゃないのか?」と私の目の前に大型のぺにす型バイブを差し出す。

「ください・・・大きいのをください」私は腰を振りながら・・彼の言葉に従っていた。屈辱感、羞恥心、嫌悪感が入り混じる中・・・は彼の性欲を満たす奴隷になることを望むようになりそうだ・・・・

「入れるぞ・・・」は大型のバイブのスイッチを入れゆっくり私のオマンコに近づけた特にペニスのカリの部分が以上に大きく、十分濡れてはいるものの、オマンコにめり込む様に入ってくる。

「ぐぅ・・・つぅ・・!!」彼はわざとの入口でカリの部分の挿入を止めた・・

「R子、めり込んでるぞ・・・どうだ、キツイか?」

「はい少し・・きついです。太いから・・・あああぁ・・早く奥に入れてください!入口はきつい・・」

「じゃ・・自分で入れてみろ・・」と彼はバイブから手を離した。バイブは入口で辛うじて膣圧で落ちない・・・自分の左手でバイブを持ち、彼の見ている前でまた・・痴態を繰り返す、バイブは太いカリの部分が入口を過ぎると、案外簡単に挿入できたが、太くて膣壁を圧迫するが・・・直ぐに愛液が分泌してきて滑りやすくなる。

「ははぁぁ・・気持ちいい・・よう・・太くて・・子宮に当る・・凄い・・凄く気持ちがいい」

「尻を振りながら・・・そのバイブでイッてみろ!」

「はいぃ・・」と彼の命令通りに、バイブを動かす・・

「R子は・・変態だなぁ・・恥ずかしくないのか?男の前でそんないやらしいことをして」

「そんなぁ・・恥ずかしいけど・・翔さんがやれというから・・・」と言った途端、彼は私の髪を鷲掴みにして、顔を持ち上げて、耳元で・・・

「そうか・・がやれっていったから、するのか?じゃあ今辞めろって言ったらどうする?」

「・・・・・」

「どうするんだ?」

「・・・・R子が貴方の前でオナニーをしてるところを観て欲しいから・・・私は・・恥ずかしいけど・・・貴方の前で・・しています」言っちゃった・・・・でも本当の事彼の目の前で痴態を晒す事は以上に興奮する。イコール快感で・・今まで味わったことの無い快楽というものを与えてくれる。仕事・私生活・セックスを割り切っちゃえば・・・・と考えると私の中のマゾが燃え上がってくる・・・

「どうだ・・・R子のオマンコは・・」とバイブを挿入した私のオマンコを指で拡げる

「スケベなオマンコだな・・汁垂れ流してるぞ・・これが欲しいか?」と勃起したペニスを私のお尻に押し当てる・・・

「・・はい・・欲しい!欲しい!下さい・・・私のオマンコにください」私はアダルトビデオ官能小説やレディスコミックで知りえた情報をフルに使って彼におねだりする。

「じゃ・・大きくしてみろ・・いやらしい音を立てて・・唾液を一杯にして、咥えるんだぞ」

「はいぃ・・嬉しいです」と本心から彼のペニスを舐めたかった・・・・

彼の言われた通り私は涎をたらしながら・・しゃぶり付く・・美味しいとは思わないが咥えていると・・なんだか満足する・・今までのペニスを舐めるなんて嫌だったが・・・今は咥えたくてしょうがない・・舌を使って・陰茎や陰嚢まで舐めあげる。彼のペニスは私の唾液でいやらしい光を放つ・・・もう我慢できない・・昨日は性交する前に私がダウンした・・・「お願いです・・・入れてください・・」躊躇無くお願いする・・・・

彼は満足したように

私のお尻にペニスを当てながら「そんなに欲しいなら自分で入れてみろ・・」

「はい・・」と返事をする共に私の左手は彼のペニスを握って、オマンコに誘導していた。彼のペニスが私のオマンコに入ってくる・・硬い・・凄く硬い・・夢中で腰を振る・・

「あああぁ・・良い・・良い・・硬い・・硬いのが入ってくる」ジュポ・ジュポと音を立てながら私のオマンコを突いて来る・・・

「ひぃ・・はははぁ・・」喘ぎ声というより悲鳴に近い声を私は発していた・・・大きな絶頂感が私に覆い被さってくる・・「イク・・イク・・イク・ダメェ・・・・」と彼は動きを止めない、エクスタシィに達した時からまた次の絶頂の波が・・・いつの間にか私の口元は開き涎を流していた。「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」息も乱れる、既に3回目のエクスタシィーを迎えているが、彼は動きを止めるどころか・・更に激しく挿入を繰り返す、強弱を付け、オマンコを掻き回すように後ろから攻め立てる。4回目のエクスタシィーが私を襲った時・・・私はベッドに倒れこんでいた。

どれ位経ったか判らないが、はベッドから離れソファーで煙草を吸っていた。

「今何時ですか?」

「3時だよ」と彼は優しく答えてくれた。「お腹空かない?ピザでも頼もうか?」

「そういえば朝から何も食べてないね・・・」と私は少し恥ずかしくなった・・朝から何も食べずにセックスしてたんだ・・・ベッドから出てバスタオルを体に巻きつけて彼の横に座る。

「翔さんはイカなかったね・・私じゃ満足できないのかな?」少し不安だった昨晩から彼は一度も射精していない・・

「気にしなくて良いよ・・・僕、遅漏でナカナカ射精できないから・・R子だけじゃなく誰でもそうだし・・だからいつでも発情するから・・」と私のバスタオルを乱暴に取り去った「ここではR子は性奴隷だからな・・・私が良いと言うまで全裸で居なさい!!」

私をソファのに膝まずくように命じ、足の先から舐めるように命令された。

「はい・・」私はその命令を喜んで受ける。彼の足の指から丁寧に舐め始める。マゾのスイッチが入っていく、いつの間に私のオマンコはムズムズしてきて、いやらしい汁を垂れ流しだす・・・ここに居る時だけは自分を忘れて彼の性の奴隷になることだけを考えようと・・・・私は彼のペニスに舌を這わす・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

すごくいい写真ですねー^^
R子さんスタイルいいし乳首がいやらしい!
ツネちぎりたくなる衝動にかられます^^;
普段はデキル女なんですかね?そう思うと余計興奮します(笑

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ゴルフ場ナビ

ゴルフ場の検索サイト。検索、北海道、千葉県、栃木県、兵庫県などゴルフ場に関する各種情報をお届けしています。 http://laboratory.stuartmembery.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smgadaisuki2.blog90.fc2.com/tb.php/25-3787fd60

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。