FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A子パイパン~第4章

A子・・もっと大きいのが欲しくなったんじゃないのか・・・」とから白いペニス型のバイブを取り出した。「ハァーンそれが欲しい・・もっと大きいのが欲しい」

私はバイブを受け取ると彼の前でバイブを舐めまわす。まるで発情した牝の様に、目は潤み・・一心不乱にバイブを舐めまわす・・・彼の目の前で、彼のペニスは勃起したままの状態だ。彼は私の痴態を見て喜んでくれていると思うと、嬉しくてしょうがない。十分に唾液が付いたバイブをオマンコに挿入する。先からゆっくりと挿入感を楽しみながら私のオマンコはバイブを咥え込んだ・・肉壁をバイブが出入りし刺激する。勿論彼のペニスと違って温かみの無い人工的なペニスであるが、敏感になった私の体全体に快感をもたらす。「あああぁ・・気持ちいい・・」声が漏れる。

「ご主人様観てくださいA子のオマンコを・・・入ってる、バイブが入って気持ちがいい・・・」普通じゃとてもいえない言葉が次から次へと私の口から喘ぎ声と共に・・・・・・「そうだ。。もっと気持ち良くなってみろ・・乱れて訳が判らなくなったら・・今日みたいに人から見られても気にならない・・見られている羞恥心が今以上の快感をA子に与えてくれる・・」と耳元でささやく・・「これ以上気持ちよくなったら狂ってしまう・・・」

私はソファーに座る彼の前のテーブルに中腰のまま絶頂を迎えた。頭が真っ白になってテーブルに座り込む・・・「もう駄目・・体が動かない・・・」中腰のままの痴態は普段運動してない私の筋肉は悲鳴を上げていた。

「ベッドに移るぞ・・・」とバイブを入れたままの私を抱えてベッドに寝かしてくれる。少し休憩・・・・と思ったら、彼はバイブを動かしながらスイッチを入れた。ブゥイーンブゥイーンとバイブは動き始め膣壁を刺激する・・彼はゆっくり出し入れを続ける。「ああっ。。」既に十分の愛液が分泌されており、オマンコはさっき入っていたバイブを苦も無く咥え込む・・・「アーーン・・また気持ちが良くなっちゃう」身体は疲れているけど私の性欲は枯渇する事を知らない。自然と腰が動き出す、「自分でやってみろとバイブを握らせる」彼は私にバイブを握らせると、勃起したペニスを私の顔の前に晒す、私は喜んでそれを咥える・・・オマンコから「ジュッ・・ジュッポ」とバイブの挿入する音、ペニスを舐めまわす音「ベチュ・・グチュ・・グチュ」が脳を刺激する。凄くいやらしい音、堪らない・・もう堪らない・・我慢できない・・今咥えているペニスが欲しい!!!突かれたい・・ズンズンと子宮の壁に届くまで突かれたい・・・バイブを動かす手に力が入り、ペニスを咥える口は動きを増す、陰嚢・陰茎・アナルをジュルジュル音を立てて舐めまわす・・・彼のアナルに舌を入れるとキュッと私の舌を締め付けてくる。アナルを舐めながらペニスを片手でしごく・・もう彼のペニスもギンギンに張っている。

「A子気持ちいいか?」

「はいご主人様・・・欲しいです・・ご主人様のペニスをオマンコに入れてください・・・」もう我慢の限界だった1秒でも早く突かれたかったが、そんな甘い彼ではなかった。彼のペニスが口から離れる・・・やったぁ・・入れてもらえると、バイブを抜こうとしたらいきなり乳首に激痛が走った・・顔を上げてみると洗濯ばさみが、乳首を挟んでいた「うっ・・」とを上げる私を無視して洗濯ばさみは1本・2本とその数を増やして行く

「何で手を止めてるんだ・・・オマンコにバイブを入れてオナニーをしないか!」

「はい・・・」と再びバイブを挿入する。もう何度も洗濯ばさみは経験があるので、最初は驚いて痛かったけど・・少しずつ乳首の辺りから快感の波紋は拡がりだす。この様な事を続けていけば・・・いつかはSM小説で読んだ様に鞭やスパンキング・針・ピアスが出来るようになるんだ!!私は夢中でバイブを動かしながら自分の快感を探る。「うぁ・・凄い・・またイキそうです・・ご主人様・・イキます・・ああああぁ・・もう駄目・・来る・来る・来るぅ・・・」

もう何度イッたんだろう???私はのペニスが子宮の奥まで突いてくる快感と膣壁を刺激する彼のペニスを咥え込んでいる私のオマンコを顔を上げて覗き込む・・グチュ、グチュと淫靡な音と共に彼のペニスは私のオマンコの中へ入っていく、不思議な感覚で観ていた。彼は体位を変えながら・・私のオマンコを掻き回す・・何がなんだかわからないまま大きなで、歓喜をに伝えていた・・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

なんだか大人な話で…ドキドキです!!凛も早く成長したいとおもいました!!

趣味・コレクション

趣味・コレクション http://smarter.archiunite.net/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smgadaisuki2.blog90.fc2.com/tb.php/20-ddb44934

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。