FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R子~出会い第3章


どれくらい時間がたったのか?30分いや1時間?・・・・バイブをオマンコに固定されたまま・・何度も絶頂を迎えて・・疲労感と・・脱力感・・身体は疲れているのに私のオマンコは別の生き物膣を収縮しバイブを咥え込む・・・貪欲なほどに快感を貪っている。はまだ服も脱いでいない・・・勿論彼のペニスもまだ見ていないし触ってもいない・・・

「お願い・・・バイブを抜いてください・・」力なく哀願を繰り返すが彼の気配は感じられない・・バイブは容赦なくクリトリスに刺激を与え続け・・膣内でのいやらしい動きが私に絶頂を迎えさせる・・また「あああぁぁ・・・止めてぇ・・・お願い・・ううぅぅぅ・・イク・・イク。。」以前から私の身体は敏感でイキ易い身体であった・・・今まで付き合った男性は私がを赤く染め、何度もイクところを見て満足し・・そして興奮していた。

彼はそんな私の痴態を見ているかどうかも判らない只暗闇の中・・定期的に絶頂を迎える・・・このままだと本当におかしくなってしまう。

と、突然彼の気配が・・・「そろそろ限界かな?最初だからこれ位にしてあげるか!」

「お願いします・・早く抜いてください・・気が狂いそうで・・」彼は両足とバイブの縄を解き始めた、縄を外された開放感・・・と安堵・・疲労感で溜息をつく・・・アイマスクも外された。一眠りしようかな・・・と彼はベットにもぐりこんだ・・・時計を見ると、既に12時を回っていた。私もシャワーを浴びる気力も無く彼の横で目を閉じた。


続きを読む »

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

R子~出会い第2章


バイブは久しぶりだ・・・自宅でのオナニーはピンクローターしか使っていない、クリトリスを刺激するだけで絶頂を迎えるが、それ以上に挿入した方が感じる。自由に動く指をオマンコに入れて掻き回す・・・オナニーは好きなほうで・・恥ずかしいけど・・回数は週に5~10回、休みの日は朝・昼・夜自分を慰める事もあった。

後ろ手に縛られ自由を奪われた状態で、バイブで犯される・・・堪らない状況、オマンコからはいやらしい汁がドンドン流れ出している。

「R子なんだこの汁は???」とわざと聞こえるようにグチャ・グチャと音を立てながら強弱を付けてバイブを出し入れしされる。がバイブの動きを追って上下左右に動く、彼は腰の動きを見ながら深く・浅くアクセントをつけながら、私の気持ちがわかるように焦らしながら、バイブを操る。

「はぁ・・もうダメェ・・イキそう・・」バイブの動きが激しさを増す・・・

「俺の了解無しにはイクとお仕置きだぞ!!イク時は声をだしてイクんだぞ・・判ったか!」

絶頂の波が私を包み込み始める・・・「ああああぁ・・激しくしたら・・ダメェ・・イッちゃいそうです・・・」彼はバイブの動きをゆっくりして・・・・「もう少し我慢しろ!!」

「うううぅ・・・」膣の力を抜いて、絶頂のを遠ざける・・・

続きを読む »

R子~出会い第1章


やはり・・類は友を呼ぶという言葉が有るけど・・SとMはお互い引き合うのか??

友人の紹介で知り合った男性と3度目のデート、食事が終わり、今彼の自宅へと向かっている。以前付き合っていた彼が少しSっ気が有ったもので、一度私の陰毛は綺麗に剃毛された生え初めがチクチクしたので以来剃毛を続けている。アナルの快感も縄の拘束感も理解している。しかしそれ以上のことはまだ未経験で、今の彼が私の剃毛されているオマンコを観たら驚くだろうな?どんな言い訳をしたらいいのか?引かれてしまったらそれはそれで開き直るしかない・・・

駐車場に車を停めて、「2階だから階段で行こうか」EVではなく階段を使って彼の自宅へ向かう。

「どうぞ・・少し散らかってるかな」男の一人暮らしの割には綺麗に片付けられていた。部屋は3LDKのマンション。一部屋は彼の仕事部屋として使用している様だ。

ソファーに座って彼が入れたコーヒに口をつける・・彼とは軽いキスはしたけど、それ以上のことはまだ無い。夜八時過ぎ男性の部屋を訪ねるということは・・・当然セックスということになるんだろうな???私は現在39歳×1の子持ちである。子供は早くに出来たもので既に独立して遠方に就職が決まった。離婚後何人かの男と付き合って、身体の火照りを満足させてきた。授乳させなかったのでまだ乳房も身体の線は年齢の割りに崩れていないと自負している。

続きを読む »

A子パイパン~第4章

A子・・もっと大きいのが欲しくなったんじゃないのか・・・」とから白いペニス型のバイブを取り出した。「ハァーンそれが欲しい・・もっと大きいのが欲しい」

私はバイブを受け取ると彼の前でバイブを舐めまわす。まるで発情した牝の様に、目は潤み・・一心不乱にバイブを舐めまわす・・・彼の目の前で、彼のペニスは勃起したままの状態だ。彼は私の痴態を見て喜んでくれていると思うと、嬉しくてしょうがない。十分に唾液が付いたバイブをオマンコに挿入する。先からゆっくりと挿入感を楽しみながら私のオマンコはバイブを咥え込んだ・・肉壁をバイブが出入りし刺激する。勿論彼のペニスと違って温かみの無い人工的なペニスであるが、敏感になった私の体全体に快感をもたらす。「あああぁ・・気持ちいい・・」声が漏れる。

「ご主人様観てくださいA子のオマンコを・・・入ってる、バイブが入って気持ちがいい・・・」普通じゃとてもいえない言葉が次から次へと私の口から喘ぎ声と共に・・・・・・「そうだ。。もっと気持ち良くなってみろ・・乱れて訳が判らなくなったら・・今日みたいに人から見られても気にならない・・見られている羞恥心が今以上の快感をA子に与えてくれる・・」と耳元でささやく・・「これ以上気持ちよくなったら狂ってしまう・・・」

私はソファーに座る彼の前のテーブルに中腰のまま絶頂を迎えた。頭が真っ白になってテーブルに座り込む・・・「もう駄目・・体が動かない・・・」中腰のままの痴態は普段運動してない私の筋肉は悲鳴を上げていた。

続きを読む »

A子パイパン~第3章

車は、ラブホテルに向かっていた。「そうか・・そんなに嫌だったのかぁ?じゃ今日はこのまま帰るか?」

「・・・・・・それは。。」映画館の事が頭の中を駆け巡り・・実は興奮していた。いきなりだったから驚いてしまったけど・・・「このまま・・帰るのは嫌です・・ホテルで虐めてください」

「もうオマンコ濡れてるんじゃないのか?」

「・・・・」

「はっきりしろ・・ここで見せてみろ・・足を拡げてここでオマンコを剥いて見せろ」車は小倉北区の繁華街を通っていた。車高の低い車なので通行人の目線からは車内は丸見えである。「なんだ・・出来ないのかさっきオマンコ触られて喘ぎ声を上げていたところを間近で観られたばかりじゃないか・・・それもいやらしい顔したオッサンに」

「いやぁ・・言わないでください・・」スカートのをゆっくり捲っていく・・ストッキング・・そしてガーターベルトを晒して・・剃毛されたツルツルのオマンコが露わになってくる小陰唇が以上に膨れているオマンコからは白い愛液が既に分泌されていた。彼の命令の通り足を広げて、オマンコも両指で拡げる・・ヌチョ・・・ヌチョと淫靡な音が、通行人の視線が、私のオマンコに集中している気がするが、恥ずかしくて顔は上げられない・・・見られているかどうかわからないが・・羞恥心を刺激する・・

続きを読む »

A子パイパン~第2章

何人もの労働者風の中年男性がいやらしい目でこちらを観ている。チラチラとではなく凝視している・・恥ずかしいぃ・・でも、下着つけてなくて挑発しているのは自分だ・・が真っ赤になる・・いきなりこんな所へ・・館内はうす暗く壁は、汚れて染みが浮き出ている。床のビニールタイルは所々に剥がれている・・いくら欲情していたって・・彼のほうを助けてって目で観ても、黙ってチケットを買っている。しかし同じ場所で立っているのも余計に恥ずかしい・・映画館に入ってしまえば真っ暗だし・・・と仕方なく彼の後を付いていく・・緊張の余りオマンコは完全に乾いてしまっている。館内への重い両開きのドアを開ける。むっとする重い空気が私を包む・・饐えた様な臭いが鼻を突く・・

「ここで立っていよう」彼は一番後ろの客溜りにで少し目が慣れるまでいるようである私は最後列の後ろについているバーに両手を置いてスクリーンに目を向けるが、映画そのものには興味はそそられない。彼は後ろから抱くように身体を寄せてきた、少し安心感が・・でも状況は変わらない・・彼はデニムのスカートをゆっくり捲り上げだした。下着を付けていないお尻が露わになっていくのを感じるが、暗闇の中での行為だから・・・と・・彼指が大胆になる。既にデニムのスカートは完全に捲りあげられている。「もっと足を開け・・」彼は耳元でつぶやく・・言われた通りに彼が触り易いように足を広げてお尻を突き出す・・緊張で乾いていたオマンコは直ぐに湿り気を取りもどしている。ヌチャ・ヌチャと私のオマンコは音を立てている。私は喘ぎ声を抑えるために口に手を当てるが「少し暗い声を出しても・・大丈夫映画の音に消されるよ」と小声で話す・・確かにスピーカーからは女優の大きな喘ぎ声が流れている。

続きを読む »

A子パイパン~第1章

今回の1~2章は場所が場所の為撮影していません・・3章以後の画像となりますがA子の痴態をイメージしながら読んで下さい
また、エログランキングにも参加しましたので宜しくお願いします。

「A子今日は久しぶり・・お前を虐めようかな、どうだ・・?」彼と知り合って既に3ヶ月経過していた。SとMの関係以外に年齢差22歳の彼氏として毎週土日になると彼のマンションに泊まりに行っていた。カラオケやゲーセン・ドライブ等色々なところへ連れて行ってもらっていた。街を腕を組んで歩くとそれはまるで親子?それとも援交?彼は全く気にはしていない様子だが、セックスも深夜まで遊び歩く為に・・ノーマルセックスで終わることもある・・・SとMになるときは彼の一言から始まる・・・・

「虐めようかなぁ」その一言を聞くと身体中のアドレナリンが下半身集中するようにオマンコは口を開き愛液の分泌が始まり、そして2週間ぶりに私は責められる。

小倉のレストランで食事後のコーヒーを飲みながら・・「最近陰毛が伸びてきたな・・・今日は綺麗にしてやるな・・」

とても昼下がりにおしゃれなカフェでする会話ではないんですけど・・・(笑)今日の私は、デニム地のミニスカートにメッシュのストッキング+彼の大好きなガーターベルト上は体の線がくっきり出るTシャツにブルゾンを羽織っている。

「ブルゾン脱いで・・トイレで下着を取って来い!!」私は「はい!」といって席を立った・・・午後1時半・・これから彼の長い責めが夜まで続いていく・・・

トイレでスカートを捲りガーターの上からはいている、ショーツを取る確かに彼の言う通り陰毛が少し生え始めて少しヒリヒリする。

続きを読む »

F子調教再開~第3話

「いやぁ・・このままにしないでぇ・・・奥まで入れてください・・ご主人様」オマンコから抜け落ちたバイブはブィーン・ブィーンと振動しながら、小陰唇に当たるか当たらない距離を保ったままで・・頼りない刺激が余計に焦燥感をあおる。

「そのままにしてろ・・・」と妙に単調な声が私のMを刺激するが・・やはりこのままでは嫌だ・・と・・「熱っ・・・う・・・っ」いきなり蝋燭が私の乳房に滴り落ちてきた、真っ暗な世界の中突然の刺す様な熱さに、バイブのことなど吹っ飛んでしまう・・・蝋燭の滴はは容赦なく私の体に垂れてくる。「うわぁ・・・熱い・・熱い・・」唯一自由な足をばたばたさせるが、熱さは皮膚に突き刺すような刺激を与える。

「熱いか・・・もっと欲しいか・・それとももう止めようか?」

「はぁ・・あああああぁ・・」突然バイブが子宮の壁まで突き刺してきた・・・

「ああーーうううぅう・・気持ちが良い・・」蝋燭の滴が流れとなって乳房から流れ落ちる・・・「熱いぃい・・いやぁ・なにぃ。。凄い。感じる・・」バイブがもたらす快感と蝋燭の熱さがシンクロしてくる・・・これだこの快感堪らない・・久しぶりの蝋燭で身体は驚いたのは最初だけ・・前は私蝋燭垂らされただけで・・絶頂を感じる女だった。

身体は正直で膣の壁はバイブを咥えて締めつける、意識しないでも膣内が痙攣して快感を・・もっと快感をと・・・

続きを読む »

F子調教再開~第2話

「うわぁ・・・いくぅ・・・いっちゃぅ・・・ご主人様平手をください。たたいてぇ・・オマンコを蹴ってください!!お願いぃ・・」彼が蹴りやすいように両足を大きく拡げる。彼の足が・・・ズーンという重い刺激と共に蹴りがオマンコに、久しぶりの痛さに恥骨が悲鳴を上げる。痛い・・涙が出そうに痛い・・でも・・「もっとくださいぃ・・」彼はサッカーしてるだけあって、的確にオマンコにヒットする・・その度「ぐぇ・・・」と言う悲鳴を上げる。

彼は私の様子を見ながら、今度はクリトリスを踏みつける、敏感な部分に彼の足の裏が容赦なく押し付けられて、クリトリスは皮がむけ勃起してくる・・・股間全体がヒリヒリしてくる・・・彼の蹴りを停めない・・ドスッ・・ドスッと私のオマンコを痛めつけていたが、愛液がその音を変えていく・・ジュ・・ジュ気が付いたらオマンコはビショビショになっている。

「汚いお前のスケベ汁が俺の足に付いた・・・ほら綺麗にしないか!!」と足を顔に近づける、私は舌を使って丁寧に彼の足を掃除する。

「足の指から・・足の裏まで綺麗にするんだぞ」「はい・・ご主人様」顔を踏みつけられながら一生懸命舐め続ける・・・顔がよがむ・・屈辱的な姿だ・・・でも私はその情景を俯瞰しているもう一人の私が・・もっと乱れなさい・・凄い格好よ・・変態マゾ・・淫乱スケベ女・・この人にケツの穴まで犯されなさい・・・

 

続きを読む »

F子調教再開~第1章

1年半ぶりの彼からの電話だった・・・

「久しぶり・・だなぁ・・」本当に久しぶりの彼の声を聞いて、色々な事が頭の中を駆け回っていた。バイブを挿入されたまま公園を散歩したり、真夜中の競技場のスタンドで全裸になり蝋燭を垂らされたり、彼と逢う時には下着は許されていなかったこと、人気のない駐車場で着ている服を脱がされ縄を掛けられる。人気がないといっても全裸で車の外に出されると言う事は少し抵抗があったが・・・いつの間にか見られてもって言う気になっていた。

「じゃ・・明日午後10時にいつもの駐車場で待っているよ・・」少し話した後、彼の言葉に「はい」と返事をしていた。今付き合っている男性はいるけど、私の本当の性欲を解消してくれてはいなかった。軽い絶頂感は味わえるけど・・SMの重くて長い絶頂感はノーマルセックスでは味わう事ができずにいた。明日彼と・・と思うだけど子宮の芯が熱くなっている・・・当日午後に入って仕事が手に付かず・・下半身が熱くなり、椅子に座っていてっも太腿を擦り付け慰めていたが、我慢できずに職員用のトイレでオナニーをした。約束の時間が近づいてきた。以前のように下着を付けない事には抵抗を感じていた・・・家を出るときには下着は付けていたが、やはり考え直して近くの公衆便所でブラジャーとパンティーをバックに押し込んで、待ち合わせ場所に向かった。約束の五分前に着いたが、既にイタリアの二人乗りの車がアイドリングしていた。私は右側の助手席のドアを開け乗り込んだ・・・「久しぶりね・・・」「そうだな・・男出来たってな・・今日は大丈夫なのか?」「毎日逢っている訳じゃないし・・大丈夫よ」

続きを読む »

A子SMホテル~第6章

「もっと・・胸の鈴を鳴らしてみろ!!」
「はぃ・・」既に三本の指が膣内に塗られたメンソレータムの刺激を快感に変えようと激しく出し入れを繰り返す・・ローターは最強の振動でオマンコの内部を動いているがそれももどかしく感じる・・三本の指を第二関節ズッポリ咥え込んでいる。

「いやぁ・・頭がおかしくなるぅ・・」大きな波となり何度も絶頂が襲ってくる。オマンコはさらに指を咥え込もうと痙攣している。私はローターを抜き両手で膣とクリトリスを刺激する。「イク・・・ぅ・・・」

その後のことは良く覚えていない・・・両足に錘を付けられて三角木馬を跨いでオマンコを裂かれる様な痛さ・・辛さ・・そして快感。

磔台に拘束され鞭で胸が真っ赤になるまで打たれた・・乳房に付いた赤い筋を観ながら絶頂を・・・

そして・・・乳首に垂らされた真っ赤な蝋燭・・の跡に浸みてくる熱さと・・オマンコの中でうねる大型バイブ・・・の快感。気が付いたら既に時計の針は三時を廻っていた・・・確か10時過ぎに入って・・5時間責められっぱなし、何度エクスタシィーを迎えたか覚えていない・・まだ18歳なのにこんなセックスを覚えたら・・・この先どうなっちゃうのかな???

続きを読む »

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。