FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

翔

Author:翔
職業:○○○○デザイナー
性格:超明るい(でもプレイの時は豹変)
身長:167cm 体重:65kg
趣味(SM以外):車・サッカー
好きなプレイ:縛り・蝋燭・露出・羞恥
NGプレイ:針・スカトロ(きついプレイ、アナルが好きですので浣腸はしますが)
好きなマゾ女:乳房と腰のラインに縄が似合う人
またアップしている画像は持ち出し禁止です。パートナーには承諾を頂いていますが、画像が画像だけに目線は入れさせて頂きます。
沢山のコメントがブログの更新にやる気を起こさせますので宜しく・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


FC2カウンター


占いブログパーツ


ブロとも申請フォーム


「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし


映画「ジャンパー」ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F子第2回~第2話


シャワーを浴びて部屋に入ると、すでにブルーシートがひかれ、彼は麻縄で乳房と両腕を後ろ手に縛り、アイマスクで視界を奪い取られる。麻縄はギシギシと音を立てながら、私の乳房を締め付け、暗闇は不安を誘いその不安はマゾのスイッチをオンにする。

を上げろ!」パチーン!!容赦ない彼の平手が私のお尻に飛ぶ、お尻を叩かれる痛さと、それでも彼の言われるがままお尻を上げ続けなければならない屈辱感に私の淫乱なオマンコは反応し愛液が分泌し始めた。

彼はその白濁したいやらしい汁をですくう、粘土の高い愛液は彼の指に絡みつき、そして滴り落ちる・・・「こんな姿で尻を叩かれながら・・・オマンコからスケベ汁を垂れ流してるぞ!」と指を顔に近づけると「舌を出して・・指に付いたスケベ汁を綺麗にしろ・・・」私は言われた通りに、ピチャピチャと舌を出し彼の指に付いた私の愛液を舐めとる。

「俺の指より、こちらの方が嬉しいか?」とペニス型のバイブを鞄から取り出す、双頭方で膣内とクリトリスを責める為の小さな突起がある。彼はそのバイブで私の尻を叩きながら「どうだ欲しいか?」と聞く・・私は小さな声で「・・・はい・・」と答える。「聞こえないぞ!!もっと大きな声で言ってみろ!!」と彼の方に突き出したオマンコを荒々しく片手で摑み捻りあげる・・・「うううぅう・・痛い・・」苦痛に顔がよがむ・・更に足で股の間を蹴り上げる。「うううう・・」オマンコの廻りがジンジン痺れた様に痛い・・・・

続きを読む »

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

F子第2回~第1話


久しぶりの彼からの電話だった・・・三週間ぶり、の彼は「今日夜9時位にどうだ?」

彼の一方的な電話で私の中のマゾが一瞬の内にを覚ます。「はい・・判りました」と答える。

「今日はケツの穴責めてやるから・・・浣腸を忘れるな」彼はスカトロには興味を持っていない、彼が私のアナルを責める時には、浣腸をしてくるように指示される。私にとって自分自身で浣腸器にぬるま湯とグリセリンを入れて家のトイレで自分自身のアナルに注入する事が、屈辱的で興奮してしまう。トイレで強制的に排便が終わった後には簡単に指が二本入るほど、オマンコは濡れていた。

その日は思った以上に仕事に手間取り、退社した時にはもう8時を回っていた。一度家に戻ったのでは、遅刻してしまうので待ち合わせ場所の近くのファミレスに入った・・・・彼の好きなタイトなミニスカートと白いブラウス・・・彼と逢うまでに下着を取らなければならない・・・車の中でとっても良かったが、マゾのスイッチが入っている私の中の自虐性が、ここで下着を取る事を望んでいる。明るいファミレスのトイレは私の羞恥心を煽る・・・ブラとパンティをとる・・オマンコはもうグッショリ濡れている。乳首はビンビンに立っている・・・薄いブラウスの生地越しに乳首が透けて見える・・・あああぁ・・・ここでオナニーしたい・・・縄で拘束され彼のペニスに両方の穴を犯される・・・・とにかく我慢して客席に戻る・・・歩調に合わせて乳房が揺れる・・・と同時に乳首がブラウスの布に擦れて、気持ちいい・・・客席の戻っても自慰の欲求は留まるどころか余計に膨らんできた。食事時を少し過ぎたとは言え・・店内にはかなりの数のお客がいる。こんなところでオナニーなんて・・・できる訳ない・・でも我慢できない・・化粧ポーチを取り出し・・死角を作り乳首を指で抓る・・「うっ・・」足を閉じむき出しのオマンコを椅子に擦りつける・・・「はぁ・・」駄目だぁ・・・ため息が喘ぎ声に変わりそう・・・

続きを読む »

R子~出会い第5章

マゾとして性奴隷として・・なんて言葉、離婚して女一人で生きてきて男性に負けないと思いながら生きてきたのに・・今更、性の奴隷扱いされて、彼の前でオマンコを拡げてバイブでよがっている私・・・嫌悪感とマゾ性が激しくぶつかっている。男の性奴隷になるなんて考えても見なかった事、まして自分から喜んで・・・彼のペニスが欲しくて腰を振っている。これが本当の私の姿なの?・・・納得するには少し時間が足りない・・・彼の部屋を訪ねてから・・半日しか過ぎてない・・・でももう止まらない・・かも

「もっと腰を振ってみろ・・!!」

「はいぃ・・こうですか」

「駄目だ・・ペニスが欲しいんだろう?」もっと触れ、いやらしく・・

彼は左手を両足に挟み込み縄で縛ってバイブを固定した。手首だけは自由に動きバイブをオマンコ中で動かす事はできる・・・

「もっと大きいのが欲しいんじゃないのか?」と私の目の前に大型のぺにす型バイブを差し出す。

「ください・・・大きいのをください」私は腰を振りながら・・彼の言葉に従っていた。屈辱感、羞恥心、嫌悪感が入り混じる中・・・は彼の性欲を満たす奴隷になることを望むようになりそうだ・・・・

続きを読む »

R子~出会い第4章

大きく足を開脚した格好で、ペニス型バイブを挿入されたが、昨晩の事もあり私はバイブではもう満足できなくなっていた。体温のある彼のペニスで突かれたい・・・彼のペニスを触りたい・・咥えたい・・オマンコを掻き回して欲しい・・・こういう時は彼に欲しいって言うのかな?普通のセックスなら・・こんなに長い時間挿入無しって事ありえないし黙っていても・・ペニスは私のオマンコに入ってくる・・AVではオマンコに入れてぇーなんて言っていたけど・・・恥ずかしくていえない・・でももう欲しくて堪らない・・こんな私のみだらな姿を彼に見られてしまったんだし・・と恥ずかしさをこらえて彼に・・「貴方のが・・欲しい」と言ってみた・・」「何が欲しいの?はっきり言ってご覧」そういわれることは判っていたが、「ペニスです」「ペニスの他にまだ呼び方あるだろう・・もっといやらしい呼び方が・・!」「オチンチンが欲しい」「もっと大きな声で!もっといやらしい言い方で・・・言ったら自由にしてあげる」

オチンチン以外だと・・・チンポなんて・・恥ずかしくて言えない・・言わないとこのままどうしよう・・オマンコには中途半端に入ったままのバイブがグィーングィーンと力なくクリトリスを刺激している・・・ここに彼のペニスを入れて欲しい・・「チンポください・・」「聞こえない!大きな声で・・」「チンポを下さい」・・・言っちゃった

両足の拘束は解かれ両手も自由を取り戻した・・はベッドに横になり、私は彼の横に正座して・・・彼の下着を脱がして彼のペニスは勃起していた・・血管が浮き出てどす黒くカリの部分が大きく、いやらしくて・硬くて・私は余りフェラは好きではなかったが、夢中で彼のペニスにむしゃぶりついていた。「そんなに焦らないで・・タマからゆっくり舌を出して舐めてごらん」「はい・・・」「R子はペニス舐めるのが好きなのか?」

続きを読む »

R子~出会い第3章


どれくらい時間がたったのか?30分いや1時間?・・・・バイブをオマンコに固定されたまま・・何度も絶頂を迎えて・・疲労感と・・脱力感・・身体は疲れているのに私のオマンコは別の生き物膣を収縮しバイブを咥え込む・・・貪欲なほどに快感を貪っている。はまだ服も脱いでいない・・・勿論彼のペニスもまだ見ていないし触ってもいない・・・

「お願い・・・バイブを抜いてください・・」力なく哀願を繰り返すが彼の気配は感じられない・・バイブは容赦なくクリトリスに刺激を与え続け・・膣内でのいやらしい動きが私に絶頂を迎えさせる・・また「あああぁぁ・・・止めてぇ・・・お願い・・ううぅぅぅ・・イク・・イク。。」以前から私の身体は敏感でイキ易い身体であった・・・今まで付き合った男性は私がを赤く染め、何度もイクところを見て満足し・・そして興奮していた。

彼はそんな私の痴態を見ているかどうかも判らない只暗闇の中・・定期的に絶頂を迎える・・・このままだと本当におかしくなってしまう。

と、突然彼の気配が・・・「そろそろ限界かな?最初だからこれ位にしてあげるか!」

「お願いします・・早く抜いてください・・気が狂いそうで・・」彼は両足とバイブの縄を解き始めた、縄を外された開放感・・・と安堵・・疲労感で溜息をつく・・・アイマスクも外された。一眠りしようかな・・・と彼はベットにもぐりこんだ・・・時計を見ると、既に12時を回っていた。私もシャワーを浴びる気力も無く彼の横で目を閉じた。


続きを読む »

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。